インプラント体の埋入から
仮歯の装着まで1日で終了します。
1dayインプラント
の可能性

通常のインプラント治療では、インプラント埋入後、
顎の骨とインプラント体が結合するまで3〜6ヶ月ほどかかり、
仮歯を装着することでようやく、普通にものを噛めたり、食事を楽しめたりと、
日常の生活に戻れるまで長期間のストレスを抱えた生活を余儀なくされてきました。

しかし、1dayインプラント治療では、
インプラント体の埋入から仮歯の装着まで1日で終えることができるので、
治療期間中のストレスが軽減されます。
また、来院したその日に手術が終わるので、遠方からお越しの方にも喜ばれています。

オーダーメイドの治療計画
患者さま一人一人に合わせた
治療計画をご提案します。

当院では患者さまが、インプラント治療に対して抱えている不安要素を出来る限り解消されるように、
インプラント治療に取り組んでおり、極力患者さまの不安を払拭できるようなアプローチを心がけております。
インプラント治療を悩まれてる方は、まずはお気軽にご相談ください。

骨造成によるインプラント治療

骨が薄い、骨が少ないなど、
他院でインプラントを断られた方

他院でインプラントを断られたという患者さまで「顎の骨が痩せている」という相談を受けることが多いです。
顎の骨は噛む刺激により、骨を作る作用が働き健康的な骨を維持することができます。しかし、長い年月総入れ歯を使用されていたり、失った歯のまま放っておいたりすることで、骨への刺激がなくなり歯槽骨の吸収で徐々に顎の骨が痩せていく現象が起こります。そうするとインプラントを埋めたくてもそもそもの土台を失っているので、治療を受けられないということになります。
当院では、そのような理由でインプラント治療を断られた患者さまでも『骨造成治療』によって治療を行うことができます。
なぜ顎の骨が薄くなるのか?
入れ歯を使用するなど、歯がない期間が長期化するとインプラントを埋め込む土台となる顎の骨が吸収されてしまい、インプラント治療ができないと診断されることもあります。
しかし、顎の骨を増やしてインプラント治療を行う方法もございます。当院は、患者様の状態に合わせてさまざまな治療法をご提案できますので、他の医院でインプラント治療ができないと診断された方も一度、ご相談ください。

代表的な治療法

  • GBR(骨誘導再生)
    GBR法(骨再生誘導療法)とは、歯周病等で骨が失われた部位に骨補填材を移植し、骨の再生を図る治療です。 GBR法を行うことで、インプラントを行うための骨が不足していた人でも、骨の量を増やし、治療が可能になります。 また、抜歯してすぐに行うインプラントにも、この治療法が応用されます。
  • サイナスリフト・ソケットリフト
    上顎の歯槽骨の上には上顎洞(サイナス)という大きな空洞があります。歯を失うと、この空洞が広がり、上顎にインプラントを埋め込むための骨の厚さ(高さ)が足りない場合があります。サイナスリフトやソケットリフトは、上部のような場合に行う骨を増やす治療法です。(上顎洞の底を上げる治療法)
  • スプリットクレスト
    骨の頂上部にクサビのような形状の器具を挿入し骨を二分割して隙間を作り骨の幅を広げてインプラントを埋め込む方法です。 広げたスペースには、骨補填剤(患者さん自身の骨や人工骨)で満たして、骨を再生させます。
  • 骨移植(ボーンクラフト)
    骨移植とは、骨が薄くなっている部分に細かく砕いた患者様自身の骨または骨補填材を詰めて、骨の再生を促す治療法です。 移植する骨は、患者様ご自身の骨、本人以外の骨から作られた骨補填材、人工骨を使用する方法があります。

骨造成によるインプラント治療

眠っているような状態で、痛みが無く
治療を受けることができます。

歯科治療が怖い方や痛みが苦手な方には『静脈内鎮静法』をお勧めいたします。点滴による静脈麻酔で痛みが無く治療を受けることができます。ウトウトと眠っている状態の間にいつの間にか手術は終わっています。手術に対して不安がある方に最適な治療法です。

心拍計で患者さまの呼吸や脈拍などを把握し、担当医による監視のもと治療を行います。全身麻酔と違い、完全に意識はなくならず問いかけにも反応できるため、安心してインプラント治療を受けることができます。

このような方は
『静脈内鎮静法』がおすすめです
  • ・歯科治療に恐怖心の強い方や手術に不安がある方
  • ・口の中に器具が入ると反射的に嘔吐してしまう方
  • ・高血圧症、心疾患、糖尿病などの持病がある方
  • ・今まで治療中に気分が悪くなった経験がある方
  • ・リラックスした状態で歯科治療を受けられたい方
世界最大のインプラントメーカー『デンツプライ社』より 国内最多症例数を表彰され、 国内唯一のダイヤモンドメンバーとして認定
世界最大のインプラントメーカー『デンツプライ社』より
国内最多症例数を表彰され、
国内唯一のダイヤモンドメンバーとして認定

インプラントの治療例

手術をしたその日に仮歯の装着が出来ます

当院のインプラント治療は、上顎、下顎ともに手術をしたその日に仮歯の装着までできます。そのため、歯が無い期間が無いので、食事や審美面でのストレスが軽減されます。

※インプラントが定着するまでは主治医の指示に従い、患部に過度な負担がかからないように注意してください。

【治療期間】インプラントの手術から約2ヶ月(抜歯から計算すると約3ヶ月)

  • 下顎の治療例
    下顎は重要な神経や血管が通っているので、入念な下調べや検査をしてからの治療が必須となります。
  • 上顎の治療例
    上顎はそもそも骨が薄くインプラント治療がしづらい部位です。そのため、治療ができるのか、骨造成は必要かなど見極めるため経験と知識が必要となります。

手術当日の流れ

  1. Step1
    手術の準備
    まずは、当日の健康状態をチェック、簡単なクリーニングや麻酔などを行い、手術の準備に入ります。
  2. Step2
    インプラント手術
    麻酔後、インプラントの埋入手術を行います。
  3. Step3
    人工歯の型取り
    当日のうちに仮歯まで装着するため、人工歯の型取りを行います。
  4. Step4
    仮歯の製作
    型をもとに技工士が仮歯の製作をします。麻酔が効いてる間、回復室でゆっくりとお過ごしください。
  5. Step5
    仮歯の装着
    仮歯が完成したら装着して治療は完了します。手術当日に食事をすることができます。

治療のリスク

上顎のトラブル
上顎の骨は薄く、その上には上顎洞(副鼻腔のはひとつ。蓄膿症で膿が溜まる場所)という空洞があります。もしインプラントが顎骨を突き抜けて上顎洞まで貫通してしまうと、感染が起き上顎洞炎を発症するリスクがあります。そのため骨の厚みが不足している場合は「上顎洞底挙上術」という骨造成(移植)処置を行う必要があります。この骨造成は高度な技術を要するので、経験と知識に裏付けされたインプラント執刀医が行うことが推奨されます。
下顎のトラブル
下顎の骨の中には重要な神経と血管が通っています。そこにインプラントのドリルが触れるなどの事態が起きれば神経が損傷して唇周囲が麻痺するなど重大な事故になります。そのため、手術前にCT撮影を行い、神経までの正確な距離を測定し、十分な安全域を見極めてから治療する必要があります。
審美的なトラブル
前歯は人目につきやすいデリケートな部位です。そのため前歯のインプラント治療のリスクは見た目に関することが多いです。インプラント治療の経験が浅い歯科医師が前歯のインプラント治療を行い審美面でのトラブルに発展するケースも多く見られます。