確実な診断と
より精密な治療を提供

飛躍的な進歩を見せる歯科治療の分野では、近年の医療機器の技術力が大きく関わっているでしょう。より確実に精密な治療を実現させ、治療速度の向上にも役立っています。現在の状態になってしまった原因を正確に把握するため、正確な「診査・診断」を行わなければ、治療成功はなり得ません。

治療の精度を左右する重要な診断
歯科用CTによる
精密診断

従来のレントゲンとは異なり、歯科用CTでは患部を3D画像として目視することができ、 神経や血管の位置、骨の状態を3次元の情報として、正確に把握することで、 より確実性の高い診療が可能となり、将来を見据えた治療をご提案することができます。

日本での歯科用CT導入率は、まだまだ低く歯科医院全体の5%程度と言われており、医療先進国としては二の足を踏んでいる状態です。
当院は歯科医療界の二歩目となり得る歯科医院を目指します。

当院では歯科用CTによる
精密な診査・診断を推奨しております。

数年後に再発をしてしまわないためにも、当院では特に治療前の精密な検査と正確な診断に力を入れております。歯や顎の骨の詳しい状態を正確に把握することで、より確実性の高い診療が可能となり、将来を見据えた治療をご提案することができます。

歯や顎の骨の詳しい状態を正確に把握
歯科用CTはインプラントのツールと思われがちですが、一昔前まで医師の経験や勘に頼っていた診断を「より確実性のある診療へ」変化させた最新鋭の医療機器になります。インプラント治療での骨の質や量、神経や血管の正確な位置まで把握します。その他にも目で確認ができない根幹の病変や親知らずの抜歯治療での正確な診断も可能になりました。
歯科用CTのメリット
  1. 病気の早期発見
    目視で確認できない部分の病状を把握できるので、早期発見・早期治療へと結びつきます。
  2. 骨や神経の場所や状態を正確に把握できる
    3次元の情報が入るので、骨の状態や神経や血管の位置、状態などを正確に知ることができ、確実性の高い治療を行えます。
  3. 歯周病の進行度を把握
    症状が現れるまで発見が難しいとされる歯周病。さらに症状が出たときには歯周病の治療自体が難しくなるとも言われています。そんな歯周病の進行度を正確に把握でき、適切な治療をご提案することができます。
  4. X線照射量が非常に少ない
    精密な画像や情報が得られるので、歯科用CTの方が従来のレントゲンより被ばく量が大きくなりそうなものですが、実際は少ないX線照射量なので、被ばく量も従来より低いです。

患部を目視できることで
治療の精度が向上
マイクロスコープ
による精密治療

肉眼では見えないものを20倍まで拡大観察できるので、精密な治療を実現し、
歯の治療も肉眼では見えない歯の神経や虫歯の治療も可能になります。 歯を余分に削ることを防ぎ、根管治療での成功率を上げ、再発率を下げることができるので、
精密な治療には必要不可欠な医療機器です。

最小の治療で
最大の効果を発揮する精密治療

従来の歯科治療は、患部が小さいだけに医師の経験による勘を頼りにした治療により、実際の患部より広めに削るため健康な歯を失うことも多くありました。また、逆に削り損なうことでの病状の再発も少なくありませんでした。 そのような歯科医療の中で、眼科や脳神経外科の手術で使われていたマイクロスコープが歯科治療に導入され、その有効性が証明されました。

マイクロスコープを使用した治療

単純な虫歯治療も見えにくい箇所になってくると極端に治療難易度が上がります。それだけ、治療において「見える」ということは、治療の精度を上げるための必要な要素になってくるのです。当院では、根管治療や歯周ポケットに関係する治療の他にインプラントや歯周病治療でも精密治療を推奨しております。

マイクロスコープのメリット
  1. 治療のスピード向上
    スピードを重視した雑な治療というわけではなく、細部まで鮮明に歯の状態を確認することでの、必要な治療だけに絞ることができ、結果的にスピーディーな治療へと結びつくことになります。
  2. 治療精度の向上
    経験や勘ではなく目視しながら治療できるため、発症前の虫歯の発見や見えにくい根管治療での成功率を上げ、再発率を下げることができます。
  3. 治療の質を向上
    歯を余分に削らずに治療できるため、健康な歯を失わない治療の質を向上することができます。 また、実際に治療する医師に対しても「よく見える」ということは様々なストレスから解放され、治療に集中することができます。これも最終的には治療の質を向上させることへと結びつきます。